MUSIC DIRECTOR

音楽監督兼常任指揮者:伊藤悠貴


15歳で渡英。王立音楽大学在学中に英国最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初の第1位を受賞し、同年フィルハーモニア管弦楽団とメジャーデビュー。国内外の主要オーケストラ、小澤征爾、V.アシュケナージ、小林研一郎等世界的アーティストと共演を重ね、ウィグモア・ホールをはじめ名だたるホールでのリサイタルや音楽祭に招かれている。

ラフマニノフ作品、およびイギリス音楽の多分野にわたる研究をライフワークとし、2019年にはその活動により音楽芸術文化の発展に貢献したとして、第17回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。

ナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督、カメラータ・ルアンダ(アンゴラ)特別客演指揮者を経て現在、神奈川県央管弦楽団音楽監督兼常任指揮者。


所属事務所アーティストページ(ジャパン・アーツ)